つい先日、2人いる親友の1人のお母さんがついに亡くなられました。
10年以上の介護の末でした。途中何度も骨折されたり、誤嚥性肺炎もあったりと、そのたびに病院の手続き
自宅介護も4年やって、施設も3回変わったり、洗濯ものの交換を週に2度とか、本当に大変でした。
穏やかに亡くなられたそうです。彼女は本当に最後までよくやったと思います。私も弱っていく母を大切にしたいと思いました。心からお悔やみ申し上げます。

過食がやめられなくなったところまで話はしましたね。
ある晩同じ部屋で寝ていることにどうしても耐えられなくなって、発作的に車で家出をしました
行く先は渋谷に住んでいた弟の部屋です。
高速道路に乗ったとき、半分死を覚悟しました。車の運転が苦手なんです。
真っ暗な高速道路の左車線をひたすら80㎞で走りました。
首都高までたどり着いたときには本当にほっとしました
渋谷なんて車で来たこともない。本当に弟の部屋をさがせるのか?街の明かりは全部消えて目印になるものは何もない。1時間ほどうろうろして、奇跡的に弟の部屋へたどり着きました。明け方の4時になっていました。
         夜中の首都高です

投稿者

bootan

双極性障害を患って30年になります。他、メンタルの不調に悩まされ今日まで生きてきました。60代前半、岡山市在住です。過食嘔吐を繰り返したため、糖尿病も長く患っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)