連日暑いですが体が少し慣れてきたようです。
今日は朝から不燃物のゴミ出し。格安スーパーでの大買い物。それらの下処理。生協の荷物の受け取り。汲み取りトイレへの水入れ。などなど様々な用事をこなせました。
昼からは特にすることなし。で今これを書いています。
朝からセミがものすごくうるさい。このあたりではクマゼミ中心なので、シャーシャーを鳴き、たまにジーッとアブラゼミも鳴きます。
お風呂場でコオロギを見つけました。ちょっと早すぎるんじゃない?
フーフー言ってたらじきに、ツクツクボーシーに変わるでしょう。

米粒を溶いて糊を付けろと言い出した

元夫は寝汗をかくタイプです。イビキも咆哮かと思うくらいに超うるさい。慣れるまでは寝られなかった。
で、「パジャマには余った米粒を溶いて糊をかけて、バリバリにしろ。」との命令。
余ったお米なんかないし、たらいもないし、そんなことできるか!と言いたかった。
でもとりあえず次善の策として洗濯糊を買ってきました。お湯にたっぷり洗濯糊を溶かし、パジャマを漬けて、しぼって、普通に干した。が、乾かない!当たり前です。仕方なく脱水しましたが、「これじゃ洗濯機が壊れる!」と思い、バリバリのパジャマは諦めてもらった。

元夫はあんなにひどい独り暮らしをしてたのに、なんでこんなに細かい家事にこだわるのか謎でした。
実は、あのボロ長屋に住む前は、山の上にある旅館に住んでいたらしいのです。(もちろん社費で)
ああ、だから朝定食なんだ。寝巻はバリバリなんだ。と変に納得しました。彼は妻をもらいさえすれば
その再現ができると思ったのでしょう。月給12万円で。ふざけるにもほどがある!言えなかったけど。

このあたりには民宿が多いのです。要するに季節労働者の住むところです。京葉工業地帯は日本でも屈指の工業地帯で、東京湾東側に何十キロも延々と続くのです。彼の住んでいた旅館とやらはその一環かもしれま
せん。なんでそこに住めなくなったか?廃業してしまったのです。彼は一気にみじめな生活を送ることになりました。

 

                                       京葉工業地帯です

投稿者

bootan

双極性障害を患って30年になります。他、メンタルの不調に悩まされ今日まで生きてきました。60代前半、岡山市在住です。過食嘔吐を繰り返したため、糖尿病も長く患っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)