AI,AI,とやたらもてはやされてるこの頃ですが、私としては、カーナビに付いていてもらいたい
ビンボーなので、いつも中古の軽自動車ばかりで、カーナビの付いた車の乗ったことのない私ですが、車の運転が怖いタイプなので、知らない道を走るのは苦手です。今はスマホで道を教えてくれるので、少し長めに走るときはモバイルバッテリーも一緒にバッグに入れて出かけます。
「そろそろ車線を左に変更してください。あと2つ目のところで左に降ります。」などしゃべってくれるカーナビは今ないのですか?「どこどこへ行きたい。道案内して。」と言ったら「道案内いたします。」と言ってそのまま運転できるようなの、まだ発明されてないのですか?多分まだないんでしょうね。

新婚旅行明け2日目

2日目の朝が来ました。ベッドは一間の押し入れをふさいでいたので、この部屋には何の収納もありませんでした。さて、押し入れのふすまを開けてみると、わんさかと摘まれた段ボールの山!、段ボールの中身は古い衣類や読まなくなった本等、その他もろもろの死蔵品がギッシリ詰められていて蓋が空いてました。
ホコリだけでなく虫や蛆も。気持ち悪かった。
早速分別です。大変な作業です。一日で済まさないと、ご飯も食べられません。(スペースがない)お昼抜きで4~5時間格闘して、やっと大半のものは45Lの袋何個にも分けて詰めて、手前の敷地に置きました。
そのあとはお掃除、お掃除!すぐそばの肉屋さんと知り合いになり、掃除機を借りてガンガンかけました。

さて次は夕食の買い出しです。イトーヨーカ堂に行って、材料を買い、今夜も何とか一口コンロで作りました。(一口は米を鍋で炊く)元夫が帰ってきました。ふすまの中がカラになっただけなので何も気づきません。しかしこの後長年「アレを捨てた。アノ本を捨てた。」としょっちゅう言われる羽目になるのでした。
どんなに頑張ろうとわずかなミスを突いてくる性格だと少しづつわかってきました。
そしてほめたり感謝したり、いたわりというものがまるでないということもおいおいにわかってくるのでした。

今日はここまで。

双極性障害とともに30年、のイメージロゴです

投稿者

bootan

双極性障害を患って30年になります。他、メンタルの不調に悩まされ今日まで生きてきました。60代前半、岡山市在住です。過食嘔吐を繰り返したため、糖尿病も長く患っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)