こないだはカーナビの話をしましたね。
何とLINEカーナビ「ねぇclova」と話しかけたら、道案内だけではなく近くのカフェを教えてくれた音楽をかけてくれたりもう至れり尽くせりだそうです。なのになのにもう終了しちゃったそうです。悲しい~😥

早速代替品のようなものを探したら、Android Auto というものがあるそうな。ただし、車や車のスピーカーに接続するもので、オートバックスの店員さんに聞いたところ「ああ、あれかぁ。車種とカーナビとスピーカーが対応してないとできんよ。」とのこと。私が自分の車が10年超のボロであること、カーナビも付いていないことなどを話すと「まあ無理じゃな。」
ただ、毎回知らない道を走るとき使ってたGoogleMapの右上の隅にあるマイクのアイコン「OK,Google」とタップして話しかければ答えてくれるそうな。知らんかった。時々トチ狂ってあまりあてにはならないけれど、(こないだ市民病院へ行こうとして迷って同じところを3周もした。指示通りにしてるのに)いいこと聞いた。あとは車にホルダーを付けてスマホを固定すればOK。こんなもんでいいんですよ。
さっきスーパーで駐車の下手な車が隣に来た。「下手で斜めになってごめんなあ」と声をかけてきたかけてきたオジさんは、何と御年88歳!「不便でなぁ。まだ返納できんのじゃ。」だって。車のドアを開けて中に座るのも相当モタモタしていて、不安になる。近所の85歳の叔父も返納する気はさらさらない。

月給が12万円!

まだ男女雇用均等法もない頃なのに、私の22歳時の初任給だってもう少しあった
32歳でこの金額?これは独身男が一人ぎりぎり生きていける金額だよ。
もう眩暈がしかけて途方にくれました。家賃は2万。確かに駅から5分ではあるけど高すぎると思った。
婚約してからお給料の額を聞いたら「金のことは言うな!」と一喝されたので、まあそれなりにはあるのかなと…その逆でした。遠距離見合いだからどうしても私は専業主婦になる。これじゃ食べていけない!

本当に打ちのめされました。
この先やっていけるだろうか?そんな私を尻目に元夫は、今後も要求するばかりの日々を続けることになるのです。

こんなに束のお金なんてありませんけどね

投稿者

bootan

双極性障害を患って30年になります。他、メンタルの不調に悩まされ今日まで生きてきました。60代前半、岡山市在住です。過食嘔吐を繰り返したため、糖尿病も長く患っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)