今日もぐったりです。いつまでもこの暑さが続くんだろうなあ。やれやれです。

岡山駅前の桃太郎さんも暑そうです。犬、サル、キジとお供は連れていますが、いつもはその後に、ハト、ハト、ハト…と続くのです。肩の上にキジのそのまた上にハトが止まっていることがあります。

今度は掃除に文句

本だし、めんつゆ、味ぽん一切禁止。一からだしを取るように命令されたことは話しましたよね。
今度は掃除に文句を言うようになりました。私にとっても憧れの新居です。毎日部屋全部に掃除機をかけています。何なんだと思い聞けば、「床は掃除機をかけた後で洗剤を付けた雑巾で拭け。そのあとは水拭き。最後に空拭きをしろ。」とのこと。ひっくり返りそうになりました。「特に台所は念入りに。油が付かないように。」と念押し。ええ、やりましたよ!毎日ではないけれど半泣きで。今頃になって私は「自分は幸せじゃない」と感じるようになりました。家具にダスキンをかけても文句を言われる。「ダスキンは静電気でホコリをまた吸着させる。雑巾を固く絞って水拭きの後空拭き!」どこまで文句を言えば気が済むのか。
家じゃ指一本動かさないくせに!

 

斜め上に住んでる奥さん、三谷さん

こんな感じの人だったかな?夫婦ともに27歳で、神戸から駆け落ちしてきたというご夫婦が引っ越してきました。片付けが終わった後は暇そうで、遊びに行きました。大恋愛の末の結婚ですからとても幸せそう。
32歳と30歳のうちとは偉い違いだなあと感心してました。お互いのことをあれこれ話すうち、ビックリしたのは何とご主人の月給が26万円と教えてくれたこと!どおりでいい車に乗ってるわけだ。逆にうちが32歳で12万円だと告白するとのけぞってビックリしてました。

ある日また台所で何かぐちぐち文句を言う元夫に対して私は言い放ちました。
三谷さんのご主人は27歳で月収26万円あるんよ!でも三谷さんの奥さん、全然あれこれ言われてないよ。
わたしよりはるかに家事の負担は少ないよ。おかしいと思わん?月収12万円のアンタに山ほど要求されて
わたし全然割に合わないじゃない!私もこれからアンタの月収に見合った家事しかしないから!あほらしい」そう!その時の私にはまだそう言い返すだけの力が残っていたのです。ほんとに早く離婚すればよかった。
元夫は、鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしていました。さすがに言い返せませんでした。今でもわからないのですが、悪意があってしたのか、ナチュラルにそうしたのかよくわからないのです。

投稿者

bootan

双極性障害を患って30年になります。他、メンタルの不調に悩まされ今日まで生きてきました。60代前半、岡山市在住です。過食嘔吐を繰り返したため、糖尿病も長く患っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)