2か月半に1回の精神科通院です。

らせん階段が素敵でしょ?

この間、岡山市の病院についていろいろ書きましたけど、ここは単科の精神病院です。
ここの正式名称は「岡山県精神科医療センター」といいます。公立なんですよね。
そのせいか、医師のレベルも高く、私はここで救われたようなものです。
千葉に住んでいたのですが、ほんとに医者運も病院運もなかったです。

まず、I先生に徹底的に診ていただきました。2時間待ちは辛いけど、安静室で横になれます。
夫から受けた仕打ちをさんざん吐き出し、恨み骨髄の認知のゆがみを、少しづつ解いていただきました。
2~3年は体調も悪く、通院は大変でした。I先生は根気強く付き合ってくださいました。
やっと、体調も精神的にも安定してきてからは、I先生は卒業です。その後いろいろの先生に診ていただきましたが、特に変わりなく過ごしています。

病院の全景です

今は5分か10分で診療は終わります。やっとここまで来ました。待ち時間は20分くらいです。
過去の後悔や現在の心細さも(主に金銭的)だいぶ収まり、家事をしたり休んだりしながら毎日を過ごしています。千葉で苦しみながら入院を繰り返していたころを思うと、よくここまで来たと感じます。

ベンチでちょっと休憩。次回はお薬のことについて書きますね。

投稿者

bootan

双極性障害を患って30年になります。他、メンタルの不調に悩まされ今日まで生きてきました。60代前半、岡山市在住です。過食嘔吐を繰り返したため、糖尿病も長く患っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)